不正出血でわかる婦人科の病気
*
ホーム > 性感染症・女性性器の病気 > 淋病(りんびょう)

淋病(りんびょう)

淋病とは

淋菌を病原菌とする性感染症で、たいていの場合、淋菌を持っている相手とのセックスにより感染します。オーラルセックスやアナルセックスでもうつります。

最近では、オーラルセックスによる口や喉への感染も増えています。

菌の抵抗性は極めて弱いので、便座、タオル、コップなどの接触で感染することはほとんどないようです。


淋病の症状

男性と違い、女性は症状が少ないので、知らないうちに感染源になっていることもあります。

初期には、おりものの増加や性器の弱いかゆみなど。進行すると膣炎や子宮頚管炎を起こし、異臭のある黄色い膿のようなおりものが増え、不正出血や外陰部のかゆみなど。

淋病の治療

適切な抗生剤の服用で、数日で治癒します。

妊婦が感染したまま出産すると、赤ちゃんに感染して結膜炎を起こすことがあり、失明の恐れもある
ので、注意が必要です。

56.gif


関連記事

淋病(りんびょう)
淋病とは 淋菌を病原菌とする性感染症で、たいていの場合、淋菌を持っている相手との...
膣壁裂傷(ちつへきれっしょう)
腟壁裂傷とは 腟壁裂傷はまだ経験の浅い女性に多く、無理な力が加わった時に腟の奥が...
外陰がん(がいいんがん)
外陰がんとは 外陰部とは、恥丘、大陰唇、小陰唇、陰核(クリトリス)、外尿道口、腟...
性交後出血(せいこうごしゅっけつ)
普段は異常なくても、性交渉すると挿入時に激しい痛みを感じたり、若干の不正出血を伴...
萎縮性膣炎(いしゅくせいちつえん)
萎縮性膣炎とは 加齢によって卵巣機能が低下するため、女性ホルモンの分泌がなくなり...
膣がん(ちつがん)
膣がんとは 腟がんが婦人科がんに占める割合はわずか1%程度です。 膣がんは主に4...
クラミジア感染症(くらみじあかんせんしょう)
クラミジア感染症とは STD(性行為感染症)のなかでも現在増えてきているのがこの...