不正出血でわかる婦人科の病気
*
ホーム > 妊娠の異常 > 着床出血(ちゃくしょうしゅっけつ)

着床出血(ちゃくしょうしゅっけつ)

着床出血とは

妊娠の異常カテゴリーに入っていますが、着床出血は妊娠の異常ではありません。

最後の月経があったあとに排卵・受精・着床したあと、つまり妊娠した直後にある出血をさしていますが、着床出血という言葉は医学用語で頻繁に使われる言葉ではないそうです。

出血時期は月経予定日前後、出血量は少量、血の質は薄かったり、茶褐色のおりもののようなものだったり、期間はまちまちで1日~約1週間程度ですが、個人差があります。

着床出血は妊娠したら必ずみられるというものではなく、みられない人も多いのですが、子宮外妊娠の場合、この着床出血がみられるケースが多いので注意が必要です。


着床出血の症状

茶褐色や茶色いおりもの、薄い血の少量の出血、生理痛のような軽い腹痛などが症状としてあらわれます。


着床出血があったら

その頃に出血があるからと言ってそれが妊娠に伴うもの(着床出血)であるとは限りません。その他の不正出血や生理である可能性も十分にありますので症状に注意してください。

仮に着床出血であったとして、すぐに妊娠検査薬で調べてみたところで、出血がある時期に検査をしても陰性である場合がほとんどです。

着床出血と妊娠検査薬

44.gif


関連記事

侵入奇胎(しんにゅうきたい)
侵入奇胎の症状 妊娠した時と同様の症状で吐き気や嘔吐、おっぱいが張るなど。 不正...
着床出血(ちゃくしょうしゅっけつ)
着床出血とは 妊娠の異常カテゴリーに入っていますが、着床出血は妊娠の異常ではあり...
稽留流産(けいりゅうりゅうざん)
稽留流産とは 妊娠6~7週目に多く、子宮組織の代謝が悪くて良い胎盤ができないため...
子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)
子宮外妊娠とは 受精卵が、子宮内腔以外の場所に着床して発育することを子宮外妊娠と...
前置胎盤(ぜんちたいばん)
前置胎盤とは 前置胎盤とは妊娠時に子宮の出口(子宮口)寄りに胎盤ができ、子宮口を...
常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)
常位胎盤早期剥離とは 通常、胎盤は胎児の娩出後に自然に子宮から剥がれてきますが、...
切迫流産(せっぱくりゅうざん)
切迫流産とは 妊娠中に流産の症状が合併した状態を切迫流産と言います。 「流産にな...
絨毛がん(じゅうもうがん)
絨毛がんとは 妊娠が終了したあと(流産、早産や、胞状奇胎を含む)に、子宮に発生す...
胞状奇胎(ほうじょうきたい)
胞状奇胎とは 卵子の異常、あるいは受精の失敗により、子宮内がぶどうの房のような嚢...