不正出血でわかる婦人科の病気
*
ホーム > 性感染症・女性性器の病気 > 外陰がん(がいいんがん)

外陰がん(がいいんがん)

外陰がんとは

外陰部とは、恥丘、大陰唇、小陰唇、陰核(クリトリス)、外尿道口、腟前庭、腟口などの総称です。外陰がんはこの外陰部にできるがんで、年配の人に多く、特に太った人、糖尿病の人がかかりやすいといわれています。

外陰癌の発症リスクは、外陰部に持続的なかゆみがある人や、ヒトパピローマウイルスによる尖形コンジロームがある人、腟がん子宮頸がんになったことがある人で高くなります。

外陰はは外陰部の表面に発生し、これらのがんのほとんどはゆっくりと増殖し、何年も表面にとどまっています。ただし、中には増殖の速いがんもあります。治療を受けずにいると、がんはやがて腟、尿道、肛門などに浸潤したり、その部位のリンパ節へと転移します。


外陰がんの症状

外陰部に赤いしこりができ、次第に大きくなっていきます。

外陰がんは不快感はあまりありませんが、かゆみがあり、やがて、しこりやただれの部分から出血したり(不正出血)、水っぽいおりものが出るようになります。


外陰がんの治療

しこりを早期に見つければ転移も少なく、進行も遅いので治療しやすいといわれています。ですので、とにかく上記の症状がでたら、婦人科を受診しましょう。

外陰がんの治療は他のがんと同じように手術療法、化学療法、放射線療法などです。

外陰部の基底細胞がんは離れた部位に転移しにくいため、手術ではがんの部分のみを切除します。がんが大きく広がっている場合のみ、外陰部全体を切除します。

118.gif


関連記事

淋病(りんびょう)
淋病とは 淋菌を病原菌とする性感染症で、たいていの場合、淋菌を持っている相手との...
膣壁裂傷(ちつへきれっしょう)
腟壁裂傷とは 腟壁裂傷はまだ経験の浅い女性に多く、無理な力が加わった時に腟の奥が...
外陰がん(がいいんがん)
外陰がんとは 外陰部とは、恥丘、大陰唇、小陰唇、陰核(クリトリス)、外尿道口、腟...
性交後出血(せいこうごしゅっけつ)
普段は異常なくても、性交渉すると挿入時に激しい痛みを感じたり、若干の不正出血を伴...
萎縮性膣炎(いしゅくせいちつえん)
萎縮性膣炎とは 加齢によって卵巣機能が低下するため、女性ホルモンの分泌がなくなり...
膣がん(ちつがん)
膣がんとは 腟がんが婦人科がんに占める割合はわずか1%程度です。 膣がんは主に4...
クラミジア感染症(くらみじあかんせんしょう)
クラミジア感染症とは STD(性行為感染症)のなかでも現在増えてきているのがこの...