不正出血でわかる婦人科の病気
*
ホーム > 妊娠の異常 > 子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)

子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)

子宮外妊娠とは

受精卵が、子宮内腔以外の場所に着床して発育することを子宮外妊娠と言います。

子宮外妊娠の99%は卵管妊娠と言われています。

妊娠初期の異常妊娠の代表的なもののひとつです。頻度は大体全妊娠数の約1~2%くらい、全分娩数の約2~3%とされています。

初産より経産に多のが特徴です。


子宮外妊娠の症状

自覚的症状としては通常の妊娠と何ら変わるところはありません。

ところが、子宮体部内膜以外の場所はもともと赤ちゃんのための場所ではないため、いつまでも発育し続けることはできません。

子宮内でなければ順調に胎児が発育する場所がなく、その場所で流産になったり、卵管が破裂したりして、出血が腹腔内にたまってくるため、下腹部痛が起こります。

少量の不正性器出血が持続することが多く、腹腔内出血の量と速さにより、程度の異なる下腹部痛が起こります。


子宮外妊娠の治療

妊娠初期に超音波検査などで子宮外妊娠だと分かったら、 腹腔鏡手術を行います。

卵管ごと切除する方法と、妊娠組織を除去して止血し、そのまま卵管を残す方法があります。卵管破裂を起こしてる場合は緊急を要する為、開腹手術で対処します。

妊娠時の不正出血はすぐに産婦人科へ行きましょう。

114.gif


関連記事

侵入奇胎(しんにゅうきたい)
侵入奇胎の症状 妊娠した時と同様の症状で吐き気や嘔吐、おっぱいが張るなど。 不正...
着床出血(ちゃくしょうしゅっけつ)
着床出血とは 妊娠の異常カテゴリーに入っていますが、着床出血は妊娠の異常ではあり...
稽留流産(けいりゅうりゅうざん)
稽留流産とは 妊娠6~7週目に多く、子宮組織の代謝が悪くて良い胎盤ができないため...
子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)
子宮外妊娠とは 受精卵が、子宮内腔以外の場所に着床して発育することを子宮外妊娠と...
前置胎盤(ぜんちたいばん)
前置胎盤とは 前置胎盤とは妊娠時に子宮の出口(子宮口)寄りに胎盤ができ、子宮口を...
常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)
常位胎盤早期剥離とは 通常、胎盤は胎児の娩出後に自然に子宮から剥がれてきますが、...
切迫流産(せっぱくりゅうざん)
切迫流産とは 妊娠中に流産の症状が合併した状態を切迫流産と言います。 「流産にな...
絨毛がん(じゅうもうがん)
絨毛がんとは 妊娠が終了したあと(流産、早産や、胞状奇胎を含む)に、子宮に発生す...
胞状奇胎(ほうじょうきたい)
胞状奇胎とは 卵子の異常、あるいは受精の失敗により、子宮内がぶどうの房のような嚢...