不正出血でわかる婦人科の病気
*
ホーム > 子宮の病気 > 子宮頸がん(しきゅうけいがん)

子宮頸がん(しきゅうけいがん)

子宮頸がんとは

子宮頸部(子宮入り口付近)の粘膜組織に発生するがんです。

女性の中でもかかる割合が多いがんで、40歳を超える女性の約2~3%が子宮頸がんを発症しています。

平均すれば子宮頸がんと診断されるのは40代ですが、20代・30代でも発症します。

特に最近明らかになったのは性感染症であるヒトパピローマウィルス(HVP)の感染者に子宮頸がんが高率で発症していることです。

性体験が低年齢化しているため、若い女性に子宮頸がんが増えているのです。

発生過程は「異形成」「上皮内がん」「浸潤がん」という段階にわかれます。
「異形成」はがんになる前段階です。

進行速度は様々ですが、基底膜をやぶって浸潤がはじまると、その進行は早くなります。


子宮頸がんの症状

初期では全く症状がありません。

進行すると膣・膀胱・骨や腎臓に進み、不正出血や、色のついたおりものがみられたり、腰やおなかも痛むようになります。


子宮頸がんの治療

上皮内がんの段階では、「ループ療法」や「円錐切除法」など、子宮を摘出しない方法で治療します。

しかし進行したがんになっている場合は「子宮全摘出」の手術をします。


子宮頸がん検診

現在20歳以上の全ての女性に、1~2年に1度の「子宮頸がん検診」が推奨されています。

この子宮頸がん検診は、細胞診を行なうもので、痛みも出血もなく一瞬にして終わります。

子宮頸がんは初期症状がほとんどでないため、こういった検診をぜひ受けておきましょう。

18.gif


関連記事

侵入奇胎(しんにゅうきたい)
侵入奇胎の症状 妊娠した時と同様の症状で吐き気や嘔吐、おっぱいが張るなど。 不正...
子宮筋層炎(しきゅうきんそうえん)
子宮筋層炎とは 子宮は、内側から子宮内膜、子宮筋層、漿膜の3層になっています。子...
子宮内膜炎(しきゅうないまくえん)
子宮内膜炎とは 子宮内膜炎とは、子宮内腔をおおっている子宮内膜の炎症のことで、通...
子宮肉腫(しきゅうにくしゅ)
子宮肉腫とは 子宮は、膣に近い子宮頸部、その奥の子宮体部に分かれます。そして子宮...
子宮内膜がん(しきゅうないまくがん)
子宮内膜がんとは 子宮体がんは子宮内膜に発生する子宮内膜がんと子宮筋に発生する子...
子宮頸がん(しきゅうけいがん)
子宮頸がんとは 子宮頸部(子宮入り口付近)の粘膜組織に発生するがんです。 女性の...
子宮がん(しきゅうがん)
子宮がんは大きく子宮頸がん、子宮体がんにわけられます。 子宮がんは30代女性で最...
子宮体がん(しきゅうたいがん)
子宮体がんとは? 子宮体がんは子宮内膜に発生する悪性腫瘍です。 子宮体がんは女性...
絨毛がん(じゅうもうがん)
絨毛がんとは 妊娠が終了したあと(流産、早産や、胞状奇胎を含む)に、子宮に発生す...
子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)
子宮内膜症とは 子宮の内側をおおっている粘膜と同じような組織が子宮以外に発生する...
子宮膣部びらん(しきゅうちつぶびらん)
子宮膣部びらんとは 子宮膣部(子宮の入り口付近)がただれたように赤くみえる状態を...
子宮内膜増殖症(しきゅうないまくぞうしょくしょう)
子宮内膜増殖症とは 子宮内膜が異常に厚くなり、月経血量が増えて、ひどい月経痛や貧...
子宮頚管炎(しきゅうけいかんえん)
子宮頚管炎とは 子宮の入り口にあたる子宮頚管が細菌に感染して炎症を起こした状態で...
子宮頚管ポリープ(しきゅうけいかんぽりーぷ)
子宮頚管ポリープとは 子宮頚管ポリープとは子宮頚管の粘膜が子宮口の外に出てしまっ...
子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)
子宮筋腫とは? 子宮筋腫とは子宮を構成する筋肉である平滑筋から発生した多発性の良...