不正出血でわかる婦人科の病気
*
ホーム > 妊娠の異常 > 切迫流産(せっぱくりゅうざん)

切迫流産(せっぱくりゅうざん)

切迫流産とは

妊娠中に流産の症状が合併した状態を切迫流産と言います。
「流産になりかけている」という意味です。

赤ちゃんは子宮の中に生きていて、流産が進行していることではありません。

流産は妊娠初期の4~12週に起きやすく、特に妊娠11週ごろがもっとも発生する危険性が高いといわれています。

切迫流産は流産が起こりうる妊娠22週未満の時期に子宮からの不正出血がある場合などに使いますが、流産になる可能性が高くないこともあります。


切迫流産の症状

妊娠中に少量の不正出血が断続的にみられます。

出血量は多いほうが流産の可能性が大きく、下腹部痛を伴うこともあります。


切迫流産の治療

安静が第一の治療です。

妊娠初期にはこれといった有効な薬がないのが現実です。
外出や運動、セックスは避け、生活最低限の行動までにとどめます。
不正出血が続く場合や症状が重い場合は薬を出されたり、入院することもあります。

切迫流産の症状がみられたら、すぐ産婦人科を受診しましょう。

96.gif


タグ :

関連記事

侵入奇胎(しんにゅうきたい)
侵入奇胎の症状 妊娠した時と同様の症状で吐き気や嘔吐、おっぱいが張るなど。 不正...
着床出血(ちゃくしょうしゅっけつ)
着床出血とは 妊娠の異常カテゴリーに入っていますが、着床出血は妊娠の異常ではあり...
稽留流産(けいりゅうりゅうざん)
稽留流産とは 妊娠6~7週目に多く、子宮組織の代謝が悪くて良い胎盤ができないため...
子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)
子宮外妊娠とは 受精卵が、子宮内腔以外の場所に着床して発育することを子宮外妊娠と...
前置胎盤(ぜんちたいばん)
前置胎盤とは 前置胎盤とは妊娠時に子宮の出口(子宮口)寄りに胎盤ができ、子宮口を...
常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)
常位胎盤早期剥離とは 通常、胎盤は胎児の娩出後に自然に子宮から剥がれてきますが、...
切迫流産(せっぱくりゅうざん)
切迫流産とは 妊娠中に流産の症状が合併した状態を切迫流産と言います。 「流産にな...
絨毛がん(じゅうもうがん)
絨毛がんとは 妊娠が終了したあと(流産、早産や、胞状奇胎を含む)に、子宮に発生す...
胞状奇胎(ほうじょうきたい)
胞状奇胎とは 卵子の異常、あるいは受精の失敗により、子宮内がぶどうの房のような嚢...