不正出血でわかる婦人科の病気
*
ホーム > がん・腫瘍 > 絨毛がん(じゅうもうがん)

絨毛がん(じゅうもうがん)

絨毛がんとは

妊娠が終了したあと(流産、早産や、胞状奇胎を含む)に、子宮に発生する絨毛細胞由来のがんです。

絨毛は胎盤の一部で、胎児血管が糸状に絡み合ったものの外側に絨毛間腔という空間があり、これらをあわせて絨毛とよびます。

ほとんどの絨毛がんは妊娠のあとに発生します(妊娠性絨毛がん)。

大部分は子宮に病巣をつくりますが、肺などの転移巣だけが認められて子宮に病変が
見つからないこともあります。

40代以上の女性に多いといわれています。


絨毛がんの症状

月経異常、不正出血、おりものの増加。

吐き気や子宮、卵巣の腫大や腹腔内出血による下腹部痛。

肺への転移により、胸痛、咳(せき)、血痰(けったん)、呼吸困難が起こる。


絨毛がんの治療

絨毛がんは特に肺や脳に転移しやすいことが特徴です。

絨毛がんの治療は、妊娠を希望する場合は、化学療法、そうでない場合は化学療法に加えて単純子宮全摘出手術が行なわれます。

転移に対しては放射線治療が行なわれます。

絨毛がんは肺や脳に転移しやすいことため、かつては致死的とされていましたが、最近では、化学療法により大部分が治癒するようになりました。

49.gif


タグ :

関連記事

卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)
卵巣腫瘍とは 卵巣は、からだの中で最も腫瘍が発生しやすい臓器で、卵巣腫瘍は女性な...
外陰がん(がいいんがん)
外陰がんとは 外陰部とは、恥丘、大陰唇、小陰唇、陰核(クリトリス)、外尿道口、腟...
子宮肉腫(しきゅうにくしゅ)
子宮肉腫とは 子宮は、膣に近い子宮頸部、その奥の子宮体部に分かれます。そして子宮...
子宮内膜がん(しきゅうないまくがん)
子宮内膜がんとは 子宮体がんは子宮内膜に発生する子宮内膜がんと子宮筋に発生する子...
子宮頸がん(しきゅうけいがん)
子宮頸がんとは 子宮頸部(子宮入り口付近)の粘膜組織に発生するがんです。 女性の...
子宮がん(しきゅうがん)
子宮がんは大きく子宮頸がん、子宮体がんにわけられます。 子宮がんは30代女性で最...
子宮体がん(しきゅうたいがん)
子宮体がんとは? 子宮体がんは子宮内膜に発生する悪性腫瘍です。 子宮体がんは女性...
膣がん(ちつがん)
膣がんとは 腟がんが婦人科がんに占める割合はわずか1%程度です。 膣がんは主に4...
絨毛がん(じゅうもうがん)
絨毛がんとは 妊娠が終了したあと(流産、早産や、胞状奇胎を含む)に、子宮に発生す...
子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)
子宮筋腫とは? 子宮筋腫とは子宮を構成する筋肉である平滑筋から発生した多発性の良...