不正出血でわかる婦人科の病気
*
ホーム > 性感染症・女性性器の病気 > クラミジア感染症(くらみじあかんせんしょう)

クラミジア感染症(くらみじあかんせんしょう)

クラミジア感染症とは

STD(性行為感染症)のなかでも現在増えてきているのがこのクラミジア感染症で、10代後半~20代女性に集中しています。

クラミジア感染症はクラミジア菌により発症し、潜伏期間は3日~1週間程度です。

性感染症は現在では特に思いあたるふしがなくても、過去に1度でもセックスの経験があれば、かかる可能性のある病気となっているため、要注意です。

症状が軽いからと放っておくと、関係した男性パートナーヘの感染源となるのは当然のことですが、感染は本人の気づかないうちに子宮頸管内を通過して卵管に入り、さらに骨盤内に大きくひろがって、"骨盤内感染症"をおこします。そのために卵管がつまり、卵の通りが悪くなり、かなりの人が、数年のうちに、治り難い卵管の通過障害による不妊症となってしまいます。

また、たとえ妊娠しても"子宮外妊娠"となることもあります。また、感染がさらに腹腔を上行して肝臓の周囲に炎症をおこして、"右の上部脇腹に強い痛み" を覚え、救急病院へ駆け込む女性も時々みられます。

さらに、たとえ妊娠したとしても、流産・早産をおこすこともあり、ことに切迫流産のため、低体重児が生まれることが多いことが注目されています。


クラミジア感染症の症状

クラミジア感染症は、特に女性の場合、感染しても症状がでないケースが80%を占めています。

症状がでる場合、おりものが増える、不正出血など。

更に症状が進むと、下腹部痛や、微熱などの症状を伴います。


クラミジア感染症の治療

抗生物質(アジストマイシン系)などを服用します。

アジストマイシン系などの抗生物質は1回の服用で高い治療効果も得られますし、保険がきくので、早期に診断されれば、治療も簡単になってきています。

クラミジア感染症の治療で最も大切なことは、パートナーも一緒に治療を行なうことです。

77.gif


関連記事

淋病(りんびょう)
淋病とは 淋菌を病原菌とする性感染症で、たいていの場合、淋菌を持っている相手との...
膣壁裂傷(ちつへきれっしょう)
腟壁裂傷とは 腟壁裂傷はまだ経験の浅い女性に多く、無理な力が加わった時に腟の奥が...
外陰がん(がいいんがん)
外陰がんとは 外陰部とは、恥丘、大陰唇、小陰唇、陰核(クリトリス)、外尿道口、腟...
性交後出血(せいこうごしゅっけつ)
普段は異常なくても、性交渉すると挿入時に激しい痛みを感じたり、若干の不正出血を伴...
萎縮性膣炎(いしゅくせいちつえん)
萎縮性膣炎とは 加齢によって卵巣機能が低下するため、女性ホルモンの分泌がなくなり...
膣がん(ちつがん)
膣がんとは 腟がんが婦人科がんに占める割合はわずか1%程度です。 膣がんは主に4...
クラミジア感染症(くらみじあかんせんしょう)
クラミジア感染症とは STD(性行為感染症)のなかでも現在増えてきているのがこの...