不正出血でわかる婦人科の病気
*
ホーム > 不正出血の種類 > 機能性出血(きのうせいしゅっけつ)

機能性出血(きのうせいしゅっけつ)

機能性出血とは

機能性出血とは器質的な異常がない子宮内膜からの不正出血で、出血原因が妊娠や子宮の疾患をのぞいたものをいいます。

機能性出血は「排卵性」と「無排卵性」にわけられます。


機能性出血の症状

月経時以外の性器からの不正出血。

ただし、月経だと思っていてもいつもより極端に量や周期の異常がある場合は機能性出血の可能性もあります。


機能性出血の原因

年齢によって出血がおこる原因が異なり、初経後の5年以上経過してから稀発月経が起こる時は卵巣機能が低下して、無排卵になってることが多く、排卵があっても黄体機能不全のためや、排卵日に出血することもあります。

また、肥満などに伴い副腎ステロイドホルモンが末梢で卵巣ステロイドホルモンに転換され、子宮内膜がそれに反応して出血することもあります。


機能性出血の治療

初経後数年間は無排卵のことがよくあるので、日常にきたすような不正出血でなければ経過観察でも良いでしょう。

月経過多、卵巣機能不全については性ホルモン剤の治療や止血剤などで治療します。

10代~40代の女性の機能性出血の治療には低用量ピルなども使われます。

排卵の有無を確認するために基礎体温をつけておくと良いでしょう。

46.gif


タグ :

関連記事

器質性出血(きしつせいしゅっけつ)
器質性出血は膣部びらん、老人性膣炎など炎症性のもの、子宮筋腫、頸管ポリープなど良...
機能性出血(きのうせいしゅっけつ)
機能性出血とは 機能性出血とは器質的な異常がない子宮内膜からの不正出血で、出血原...