不正出血でわかる婦人科の病気
*
ホーム > 不正出血について > 不正出血とは?

不正出血とは?

不正出血とは月経以外の性器からの出血のことをさし、不正性器出血ともいいます。

不正出血が起きる部位は子宮、膣、外陰、卵管などです。


不正出血は大きくわけて機能性出血と器質性出血にわけられます。


その他、膣の粘膜や子宮頸部に傷がついてできた時に出血するのが接触出血、月経予定日の1週間~数日前から少量の出血があって、その1~3日あとに月経がはじまるといった月経前出血、月経と月経の中ごろの排卵期(体温の高温期)におこる排卵期出血、妊娠時の不正出血などです。


月経であっても、通常よりも極端に量が多い・少ない・短い・長い・不定期に繰り返されるような場合は不正出血とも考えられますので、婦人科を受診した方が良いでしょう。

71.gif


タグ :

関連記事

年代別による不正出血の原因
不正出血の原因は、婦人科の病気であったり、ストレスであったり、ホルモンバランスの...
不正出血の一般的な量
不正出血に一般的な量などありません。ひとりひとりの顔や性格が違うのと同様、みなさ...
不正出血とは?
不正出血とは月経以外の性器からの出血のことをさし、不正性器出血ともいいます。 不...
不正出血.jpについて
不正出血は女性であれば誰もが直面するかも知れない症状です。 ただ、それがいいサ...